階段下

今日は山県市の現場へストーブ設置に伺いました。

階段下にストーブ設置する場合、屋根の形状とストーブの位置にもよりますが

屋根貫通で真っすぐ煙突を降ろしてきて階段下へ煙突曲り部材を使って曲げて

設置するより屋根雨漏れの心配と、煙突掃除のし易さ

等を考慮して煙突を壁貫通で施工して設置したほうが良いです。

部屋の中もスッキリします。

 

2018年06月18日