防鳥網

今日は関市の他社施工のお宅へ、メンテナンスに伺いました。

煙突が壁貫通のお宅で縦部分だけお客様が下からブラシを入れているが、燃えが悪いとの事でした。

トップを外してみると案の定、防鳥網に煤が詰まっていて煙が抜けない状況でしたが、

トップから60cm下ぐらいまでは煙突内部も煤が溜まっていて、下からブラシを入れたけど

トップまで抜いていなかった感じです。

壁貫通部も掃除していなかったので停滞した煤が大分残っていました。

やはり、煙の出口である煙突トップの点検は重要です。

今回の物件は、足場を組まないとトップが外せないような設置プランになっていました。

設置場所、金額等も大事ですが、毎年メンテナンスをすることも考えてプランニングしないといけません。

 

設置した後から毎年メンテが大変では、ストーブライフも楽しめませんからね。

 

2018年01月18日